MOON PHASE 雑記

ニュースサイトMOON PHASEのブログ

「ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1-」

去年の最高エロゲと推す声もある本作、遅ればせながら攻略しました。と言うのも、同人版に新規シナリオを追加、フルボイスにして商業化したようですが、パッケージ発売した際には特に予備知識が無かったためノーチェックで、ダウンロード版でようやくプレイしたという体たらくでして…アンテナ低かった自分を叱りたい。昨今、手垢付きまくってる女体化もの且つタイムリープものでもあるんだけど、織田信長ではなく忠臣蔵を題材に選んだ時点で大勝利だと思うわ。第3章のバッドエンド分岐を除き、選択肢なしほぼ1本道の全5章構成。泉岳寺の呪いの御籤によって、元禄時代の同姓同名人物に乗り移ってしまった主人公の深海直刃が、現代に英雄として語り継がれる赤穂義士の仇討ちの宿命に巻き込まれながらも、元の世界に戻る方法を模索し、出会いと別れを繰り返し、歴史に翻弄された直刃が辿り着いた結末は…というのが大まかなあらすじ。殺陣描写は、はあっ!せいっ!ドカッ!ズバッ!と掛け声と擬音メインの少年漫画系。本作のレビューの大多数が言っているけど、3章までなら間違いなく傑作レベル。特に第3章の完成度は異常。愛する主税と死を共にすることを許されず、歴史に残らない戦いに挑むエピソードは鳥肌ものだった。そこで終わっておけば綺麗だっただけに、4章と5章の蛇足感が拭えないんだよね。4章は、フィクション忠臣蔵の世界観の中でリアル忠臣蔵の真実を語ってるから違和感があるし、5章は、プレイヤーすら知らないうちに、いつの間にか主人公が何とかしてました、で解決している部分に頼ってるので雑すぎる印象。あのタイミングで、綱吉説得やら、赤穂浪士の現代生活やらを描いていたら流れを阻害する以外の何物でも無いのは確かなんだけど、最終決戦は熱くて盛り上がっただけに、その手前の段取りが勿体ない。そもそも、呪いを解かないと現代に戻れないのに、どうやって赤穂浪士を未来に送り込んだんだろう?右衛門七似の幼馴染みとは結局何も無いのか?お気に入りキャラは、山吉新八郎、大石主税、清水一学。ちなみに最終章のメインヒロインは明らかに小夜。右衛門七とは何だったのか…。そう言えば、最近の萌えゲーにしては非処女率が高いな、これ。内蔵助と主税も義理の親子とかに設定変えられてないから、普通に一児の母がメインヒロインの1人という。あと、新八郎選んだらバッドエンド直行なのはバグだろ(笑)!死んだらループする設定のはずなのに何故…。

ちなみに、ここ数年の自分ランクは↓こんな感じ。エロゲじゃないリトバスやシュタゲは対象外。

2013年:1.「ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1-」 2.「この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY」 3.「大図書館の羊飼い
2012年:1.「この大空に、翼をひろげて」 2.「黄雷のガクトゥーン」 3.「グリザイアの迷宮
2011年:1.「WHITE ALBUM 2 ic,cc」 2.「グリザイアの果実」 3.「穢翼のユースティア
2010年:1.「黄昏のシンセミア」 2.「桜花センゴク〜信長ちゃんの恋して野望!?〜」 3.該当なし
2009年:1.「BALDRSKY Dive1,2」 2.「俺たちに翼はない」 3.「真剣で私に恋しなさい!
2008年:1.「スマガ」 2.「媚肉の香り〜ネトリネトラレヤリヤラレ〜」 3.「G線上の魔王」 同3.「るいは智を呼ぶ
2007年:1.「世界で一番NGな恋」 2.「キラ☆キラ」 3.「吸血奇譚 ドラクリウス」
2006年:1.「遥かに仰ぎ、麗しの」 2.「この青空に約束を―」 3.「もしも明日が晴れならば
2005年:1.「車輪の国、向日葵の少女」 2.「パルフェ〜ショコラ second brew〜」 3.「プリンセスうぃっちぃず

2008年をピークに、大手は全年齢向けに流れてしまったり規制で風当たりがきつくなったりで、年々小粒になってるよなあ。この中だと、“こんにゃく”“おれつば”“まじこい”“ホワルバ2”がアニメ化済み、“グリザイア”“大図書館”がアニメ化予定…と。“ころげて”と“ChuSingura46+1”の3章までもアニメ化されないかなあ、と願望を書いておく。

「ウィザード・バリスターズ〜弁魔士セシル」第1話

ガリレイドンナは犠牲になったのだ…。原案・監督・キャラデザ・シリーズ構成:梅津泰臣な、待望の梅津監督の本気アニメがはじまりました。さすが1話だけあって、アクション作画が尋常じゃない。セクシャル、アクション、バイオレンスという梅津監督のテイストがてんこ盛りな予感をさせてくれて、掴みは文句なし。ただし、「MEZZO」にしろ、「ガリレイドンナ」にしろ、序盤が良くて3話あたりから失速してるので、1話だけではまだ油断出来ないんだよなあ。魔術使いが普通に存在していて、それを専用の法律で管理している世界?魔術アクションなのか、法廷モノなのか、どっち付かずになりそうだけど、新しいジャンルに挑戦しようという試行錯誤感はあるな。とりあえず、セシルのキャラクターはキャッチーだわ。聖知でセシルと読ませるのは吹いたけど。キラキラネームかよ(笑)!交通違反で切符切られるわ、魔術の無許可使用で逮捕されるわ、前途多難だなあ。あと、若本使い魔が反則すぎる。完全に音速丸さんじゃねーか!尻肉もみもみ、おっぱいもみもみ、良いぞもっとやれ。セシルが正当防衛に過敏に反応してたけど、死刑囚らしいセシルの母親は、正当防衛が認められず冤罪で捕まってるのか?魔改造制服を戦闘服だと拘ってるのも、何か理由がありそうだ。炎使いが判決即死刑執行されたのと、死刑囚になってる母親の違いは、現行犯かどうかってこと?

「世界征服〜謀略のズヴィズダー〜」第1話

岡村天斎×星空めてお×黒星紅白という異色タッグによる、ロリコンホイホイアニメがはじまりました。しかし、星空めておTYPE-MOON)という表記にはまだ違和感があるな。先に発表されてた「ガールズワーク」は音沙汰無いし、やっぱり、めてお=ライアーソフトの印象が強いわ。それにしても、想像してたよりコメディ色よりシリアス色が濃くて、セカイ系の匂いがプンプンするなあ、と。ひょっとして、中盤人死にしまくるんじゃないか、これ?冒頭のシーンは世界征服完了した未来で、ポーズ決めてるのは成長した主人公?どう見ても幸福ではなく世紀末なんだが…。ヴィニエイラ様の演説とか、何を言ってるのか良くわからないけど、なぜか説得力があるという。今回はリンカーンだったけど、毎回過去の征服者ネタ入れてくるの?まだ世界観も良くわからないな。スヴィズダー絡みの戒厳令が浸透しているっぽいのに、なぜかその状況を知らなそうな主人公の行動が理解不能。征服実行されたものは、ズヴィズダーの支配下になるんだろうか。あと、ヤスは絶対裏切るかスパイだろ。犯人はヤス、をやりたいだけのキャラとしか思えん(笑)。

「WHITE ALBUM 2」第8話

春希くんと冬馬さんは相思相愛だから、2人がくっついたら私がハブられて中学時代のトラウマの再来になっちゃう。だったら、私が春希くんと恋人になればバランスが取れてずっと3人でいられるはず!…という雪菜さんの超理論が表面上巧く行ってるように見える今回の温泉旅行回。こいつらリア充過ぎて見てるのが辛い。美少女JK2人侍らせて混浴プレイとか非現実的すぎる。とりあえず、春希はもげろ(笑)。雪菜とかずさが屋上で和解(?)した時点で終わっておけばとつくづく思うわ。雪菜が言いかけた“あの時”のことを知ってるから、かずさがどんなに否定しても、雪菜の疑念は拭いようがないしなあ。SPEED『White Love』の挿入歌には吹いた。てっきり、森川由綺か緒方理奈の曲を流すものとばかり。2話の『悪女』と、今回の『White Love』の小木曽雪菜Verは、TVアニメ版のサントラに収録されるんだろうか?欲しいんだけど。

「WHITE ALBUM 2」第7話

最高の、最後の日。このサブタイトルの時点で今後の展開はお察しといった感じですが、この3人が今の関係のままでいられた最後の日である、学園祭本番回。『WHITE ALBUM』と『SOUND OF DESTINY』をフルで流してくれたのは良いんだけど、バンド描写への期待値に対して、止め絵、回想、背景、影絵の多用にはちょっと萎えたなあ。即席素人バンドが、ステージパフォーマンスまで練習出来てるわけないので、音楽に関してのスペックがチートなかずさはともかく、基本的には棒立ち演奏だろうから、ぬるぬる動かせとは言わんけど、もう少しステージ上で水面下でイチャつき合う3人の描写と臨場感が欲しかった。その辺りから、雪菜の誘惑までの間でカットされた部分は、確かに原作では2週目で追加されてなるほどと思わされる演出ではあるんだろうけど、2週目が存在しないアニメ版では最初から入れても良かったのでは?それとも、円盤では追加バージョンで収録されるとか?それはさておき、ぐいぐい攻める雪菜さんが艶めかしすぎて、健全な男ならあれ避けるの無理だわ。卑怯すぎる。まあ、内心どうであれ、この選択をした春希さんの行動を受け入れられない人は多そうだ。

映画『サカサマのパテマ』

吉浦康裕監督最新作、公開初日に見てきました。結論から言えば、余韻の心地良い、王道SFボーイミーツガールでした。出会い、別離、共闘、再開、そして種明かしで大団円。話の大筋が王道すぎることと、足場の危うい世界観が相まって、どうしてもラピュタっぽさが否めませんが。ぶっちゃけ、“パテマ可愛いよパテマ”だけで元は取れたわ(笑)。空に落ちることの恐怖をお互い知って、それを上回る信頼関係を築いて、相手に自分を委ねられるようになっていく2人の距離感が甘酸っぱすぎて悶える。とにかく壮大に描かれる空のスケール感が素晴らしいので、作画的には劇場の大きいスクリーンで見るべき作品だなあと思う。それにしても、パテマを捕らえてから、自分に依存する従順な少女に仕立て上げようとするイザムラさんのキモさがハンパなかった(笑)。空に落ちそうになるパテマを助けて、しがみつくパテマの怯えた表情に頬擦りして恍惚としてる姿が誰かに似てるなあと思ったら、そう、SAOでアスナを飼育してた須郷さんだ!ところで最後、地下世界の住人の立場と、アイガ人の真実が明らかになりますが、手帳に挟まっていたメモの意味だけ良くわからなかった。どう解釈すれば良いんだろう?

「WHITE ALBUM 2」第6話

春希がかずさのことを想って書き綴り、かずさが春希のことを想って作曲したものを、雪菜に歌わせて3人のための曲とか言っちゃう鬼畜の如き所業。察しの良い雪菜のメンタルがやばい。唇噛んで無理矢理笑顔を作るところは痛々しさを通り越して怖いわ。春希がかずさのことを好きすぎて、雪菜が割り込める未来が見えないよ!まあ、かずさが春希に対しては自分の気持ちを隠し通そうとしてるから、雪菜としては、そこに付け入る隙を見出そうとしてるんだろうけど。アニメ版の雪菜は黒さが滲み出すぎ(笑)。それにしても、病気で弱ったかずさが可愛い生き物すぎる。泊まり込みで看病して良く理性保てるな、春希さん…。