MOON PHASE 雑記

ニュースサイトMOON PHASEのブログ

TVA「とある魔術の禁書目録」放送局、OP・EDアーティスト決定!

10月より、MBSCBCチバテレビテレ玉テレビ神奈川の5局にて放送予定。OPは川田まみ(I've)、EDはIKUが担当。電撃文庫MAGAZINE Vol.3誌上で、ステイル=マグヌス、神裂火織、白井黒子のアニメ版キャラクター設定画が公開されてますが、黒子のキャストはまだ未発表。TVアニメに先駆けて、9月から「禁書目録ラジオ」がWEBラジオとして配信。パーソナリティは、井口裕香さんと佐藤利奈さん。電撃文庫MAGAZINE増刊「とらドラ!vs禁書目録」は、9月27日発売。

TVA「とらドラ!」続報!

キャストは既報通り。放送局は未発表。オープニングは、女性メインキャラクター3人(釘宮理恵堀江由衣喜多村英梨)のユニット。エンディングは堀江由衣。9月よりアニメイトTVにて、WEBラジオ「とらドラジオ!」(仮)の配信も決定。

DS「電撃学園RPG Cross of Venus」続報!

主人公は私立電撃学園に通う高校2年生。最近出るとウワサの学校で、一晩を過ごすことを計画する。なぜかついてきた幼なじみと一緒に、夜の学園に忍び込むと、そこには他の学校の制服を着た少女がいた。その瞬間、荒涼とした丘と、そこにある十字架に磔にされた8人の少女の姿が…。主人公(16歳)のキャラクターデザインを黒星紅白、ヒロイン・春日井キズナ(17歳)のキャラクターデザインをいとうのいぢが担当する。主人公は電撃学園に通う高校2年生で、好奇心旺盛だが、読書はあまり好きではない。幽霊が現れるというウワサを聞きつけ、夜の学園に忍び込んだことから、電撃文庫の世界を守る戦いに巻き込まれるハメに。春日井キズナとは幼稚園時代からの腐れ縁。ヒロインの春日井キズナ役は喜多村英梨。主人公の幼なじみで、図書委員長を務めるほどの読書好きで、電撃文庫のファン。いつの間にやらまとめ役を引き受けてるタイプ。『キノの旅』よりキノ、『灼眼のシャナ』よりシャナ、『イリヤの空、UFOの夏』より伊里野加奈が参戦決定。

遠藤海成「まりあ†ほりっく」TVアニメ化決定!

> 監督:新房昭之
> シリーズ構成:横谷昌宏
> キャラクターデザイン:守岡英行
> プロデュース:ジェンコ
> アニメーション制作:シャフト
> (C)遠藤海成メディアファクトリーまりあ†ほりっく製作委員会
> 公式サイト(予定地):http://www.mariaholic.com/
コミックアライブより先にアニメ誌で発表されるとは。ちなみに、アニメ版の版権絵は、作画:守岡英行、彩色:滝沢いづみ(SHAFT

甲斐谷忍「ワンナウツ」TVアニメ化決定!

> 監督:佐藤雄三
> シリーズ構成:高屋敷英夫
> キャラクターデザイン:梅原隆宏
> アニメーション制作:マッドハウス
> (C)甲斐谷忍集英社ワンナウツ製作委員会(仮)
10月より、日本テレビ系にて放送開始予定。

TVA「黒塚 KUROZUKA」続報!

> 監督:荒木哲郎
> キャラクターデザイン:筱雅律
> アニメーション制作:マッドハウス
> 製作:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
10月より、アニマックス、BS11にて放送開始予定。

TVA「キャシャーンSins」キャスト発表。

> キャシャーン古谷徹
> リンゴ:皆口裕子
> リューズ:宮原永海
> ブライキング・ボス(ノヴァ):内海賢二
> ルナ:矢島晶子
> オージー:チョー

TVA「CHAOS;HEAD」10月より、チバテレビ、キッズステーションほかにて放送開始予定。

> 西條拓巳:吉野裕行
> 咲畑梨深:喜多村英梨
> 西條七海:宮崎羽衣
> 岸本あやせ:榊原ゆい
> 蒼井セナ:生天目仁美
> 楠優愛:たかはし智秋
> 折原梢:辻あゆみ
> 星来オルジェル:友永朱音

アニメ「鋼殻のレギオス」続報!

> 公式サイト(予定地):http://anime.webnt.jp/regios/
> (C)2009 雨木シュウスケ深遊富士見書房/チェルニ第十七小隊
アニメファン向けポータル&コミュニティサイト「プレセペ」にて、公式コミュニティ「第十七小隊サポーターズクラブ」が始動。また、角川モバイル DO!?エンタにて「鋼殻のレギオス モバイルファンクラブ」も活動開始。

TVA「かんなぎ」放送局発表!

北海道放送東北放送テレ玉東京MXテレビチバテレビテレビ神奈川MBSCBC南海放送TVQ九州放送、アニマックス、BS11にて放送予定。放映日時は、コミックREX次号で発表予定。

あと、コミックREX次号で、高遠るい「シンシア ザ ミッション」と、石田あきら私立彩陵高校超能力部」が最終回。

白瀬修×ヤス「おと×まほ」待望のマンガ化決定!

GAマガジン Vol.1紹介ページで伏せられてた○○○化は、マンガ化でした。「Yahoo!コミック」内無料マガジンコーナー『FlexComixネクスト』にて、2008年10月より連載開始予定。コミカライズ担当はすえみつぢっか。ストーリーは、基本的に原作に沿う形で進んでいく予定。ゆくゆくはコミック独自の展開も?

GAマガジンはムックなので定期刊行誌ではなく、次号の発売日は未定。次号の付録は、「お○×○ほ」の○○○○マウスパッドが本命らしい(笑)。

スタチャ「今日の5の2」サイトオープン!

スタッフ、キャストを発表。テレビ東京にて2008年10月5日より、毎週日曜深夜1時30分放送スタート。系列5局についても順次放送予定。スタッフ、キャストはOVA版から総入れ替え。原作に忠実で出来の良かったOVA版と比べてしまうと、お色気や下ネタ描写に期待できないテレビ東京だし、かなり分が悪そうだ。某“おかわり”みたいに独自色出そうとして失敗して叩かれる未来が見えるなあ。

「魔法遣いに大切なこと〜夏のソラ〜」第5話

広島原爆忌に合わせたのか、戦争絡みのちょっと良い話と、植物状態の妻を目覚めさせたら記憶を失っていて、そのままフォロー無しの後味の悪い話。魔法遣いは、親を見て魔法を覚える。なら、魔法を使わない親を見て育ってしまった場合はどうする?>>魔法の上手い人を見て覚えればいい。と言う結論に至り、どうやらソラから学ぶことに決めた豪太。しかし、そのソラは、魔法を失敗しそうになったり、依頼内容は満たしていても、思い通りのハッピーエンドにならない魔法の理不尽さを知って落ち込んでる。前向きになった豪太と、壁にぶち当たったソラとの対比にしたいんですね。あれぇ〜?生命に関わる魔法は禁忌とされてるとか言う設定があったような気がするんだけど勘違い?それとも、話の都合上、設定がなかったことにされてるんでしょうか?いや、今回のソラの魔法は、あくまで病気の治療とかではなくて、昏睡してる患者に、待ってる家族の思いを夢に見せてあげただけで医療行為ではないから問題ないと言う解釈かも。でも、消し炭(遺品の形見を指して消し炭って言葉が出てくるソラは大物か?)から記憶を読み取って、戦争の経験すら復元できるなら、どう考えても何でもアリだと思うんだが。同じ原理で、どんな難病を患ってる人でも、健康の時の肉体を復元してあげれば医者いらずだろう。世界から病気と怪我を根絶できるような。前回の乳ガン患者も、母乳を飲みたいではなく、乳ガンを治してと依頼しておけば良かったのに。まあ、この世界では、人命救助よりも、依頼以外の魔法を使ってはいけない規則を守る方が優先とか言い出しそうですが…。後半の下北沢音楽アニメっぷりは、ソラたちが置かれてる現状の魔法研修と全く関係なくて、監督か脚本家の趣味で入れてるだけとしか思えん。