MOON PHASE 雑記

ニュースサイトMOON PHASEのブログ

チャンピオンRED次号で重大発表の“あの作品”って、聖痕のクェイサー?プレスリリースでは次号表紙となってるのに、本誌の次号予告では全く触れられてなかったので。

オーバーフロー「CrossDays」は、やっぱり誠さんにどんどん寝取られていくゲームだったのか。半分以上が誠とのエロシーンらしい。

「戦場のヴァルキュリア」第3話

ウェルキンが隊長、アリシアがウェルキン付きの下士官となって、第7小隊結成。しかし、曰く付きのダルクス人を差別し、実戦経験の乏しいお坊ちゃま隊長を信用できない隊員に突っ掛かられるものの、バーゼル橋奪還作戦の成否を賭けて信用を得る話。敵の前にまずは味方からと言うお約束的な展開なんだけど、全く統制が取れてない状況の部隊で、戦略の要所となる場所を死者ゼロで奪還に成功してしまうのは、都合良すぎるよなあ。正面から突っ込んで玉砕する正規軍、濃霧+エーデルワイス号の奇襲で翻弄される帝国軍、川を渡るエーデルワイス号に気付かないのはともかく、その後から普通にボートで乗り込む第7小隊員にも気付かない帝国軍…。ツッコミ所が多すぎるぞ。あと、エーデルワイス号が無事に川を渡れる根拠として、コミック版だと水草云々があった気がするんだけど、アニメ版はエーデルワイス号のチート性能だけで押し切ってしまった。実はアリシアもウェルキンを信じてなかった事がスルーされたから、アリシアいらない子になってるし。今回突っ掛かってきた2人以外の第7小隊員がモブと化してて、いざこざに無関心なのも違和感が。まだ1回しか出撃してないのに、次回はもう休暇ですか。早速、ファルディオがプレイボーイっぷりを発揮して、アリシアに粉をかけてくるみたいだし。先行き不安だ。

「タユタマ-Kiss on my Deity-」第3話

正体をカミングアウトしたら誰にも信じて貰えず、精神病患者扱いされてカウンセリングを受けさせられ監禁されてる、ましろ救出作戦。この手の異種族ものは、大抵無条件で受け入れてくれる土壌があるものだけど、そこを否定して真正面から挑むのはある意味斬新。でも、何度説明しても無駄だったからやむなく証拠を見せて解決と言う流れは、カタルシスは得られるものの、当初掲げていた理想とは食い違ってるので微妙に誤魔化された感はある。裕理とましろの交流が浅いので、裕理がましろを助けに行く決意をする理由にどんな説得力を持たせるのか気になってたんだけど、一度ましろに諦めさせて、それと裕理を向き合わせることで心理的な距離感を上手く縮めてくれたかな。ましろの事なんか忘れて、今まで通りの日常に戻ろうよ♥とのたまうアメリさんは、やっぱりダメリさんでした。まあ、アメリの行動原理は単純なので、そこに気付くと、自己中っぷりすら可愛げがあったりするわけですが。それにしても、つくづくBGMの効果の大きさを感じさせられるなあ。「タユタマ」然り、「ティアーズ・トゥ・ティアラ」然り。「戦場のヴァルキュリア」は、原作のBGMを使用してるようですが。クライマックスシーンに『Across The Date Line』が使われなかったのが残念すぎる。アニメ版の第1話〜第3話に該当する部分は、原作の体験版でプレイできるので、やって比べてみて欲しいところ。今回ラストの、抱いてください(意訳)で、裕理がましろを抱くか抱かないかで攻略ヒロインルートが分岐するんですが、抱かなかったアニメ版が、本当にましろ以外のルートに進んだら驚きだ(笑)。次回は美冬当番回?三強の一番手は鵺か。CS版でヒロイン昇格する人気キャラだから早めに出すのは妥当か。鵺→鳳凰→応龍の順で、ダメリさんがラスボス濃厚?

「ティアーズ・トゥ・ティアラ」第3話

アニメ版から入った人は、第2話まで見てもアルサルが主人公だと思ってる人が多いようだけど、今回で、状況を把握してないアロウン≒視聴者となって、オガムから世界観説明を聞いてるので、主人公ポジションがアルサルからアロウンに移った事にも気付くはず。次回はアヴァロン入城で、家付きメイド妖精2人と、守銭奴エポナ登場?

⇒ 【先行上映第3話感想

「咲-Saki-」第3話

CATVの緊急メンテナンスによる放送中断で視聴できず。別に室内アンテナ用意しておけば良かった…。AT-Xで補完できるけど1ヶ月遅れ。

> 放送中断って1〜2分のはずだから、感想書けない事もないんでは?
> もしかして、長時間中断だったのかな。あんまりそれは聞かないんだけど。

火災で断線した光ケーブルの入れ替え工事だそうで、2時〜5時まで放送中断してました…。