MOON PHASE 雑記

ニュースサイトMOON PHASEのブログ

工画堂スタジオ「帝国ジュニアアカデミー冒険部(仮)」今夏発売決定!


キャラクターデザイン:駒都えーじ、シナリオ:竹内なおゆき(くまさんちーむ)、制作:(有)くまさんちーむ。「蒼い」シリーズと同じ世界を舞台に、フルクラム帝国にある帝国ジュニアアカデミーの生徒、アマネカ・マッハバスター率いる「パシアテ文明研究会」(通称パシ研)が、先史パシアテの秘宝を求め冒険を繰り広げるSLGAVGコンプティークで連載中の小説「白銀のカル」から、カル・ルスラン、トアラ・ラボアキン、リエ・メインステイたちも登場する。また、帝国ジュニアアカデミーの生徒の名前を大募集。採用された名前は、ゲーム中で実際に登場。採用された人には、全員に「帝国ジュニアアカデミー学生証」をプレゼント。

TVA「桃華月憚」2007年4月より放映開始予定。

> オープニング曲:「ゆめおぼろ」犬飼真琴(メインボーカル)with守東桃香&川壁桃花(コーラス)
> エンディング曲:「この世界がいつかは」川壁桃花
> 守東桃香伊瀬茉莉也
> 川壁桃花:早見沙織(新人)
> 犬飼真琴:喜多村英梨
> 六条章子:小林ゆう
> 守東由美子:ゆかな
> 御堂寧々:藤村歩
> 守東春彦:野島健児
> 鬼梗:山縣里美(新人)
コンプティーク3月号に、山口祐司氏と望月智充氏の対談、前編が掲載。「ヤミ帽」から3年ぶりにエロいシナリオを書けと言われてもちゃんと書けた。ジャンルとしては学園ドラマで、学園モノのイメージを前面に押し出している。主人公は桃香だが、そういう意識はなく、桃香と桃花、2人の関係を中心にバランス良く構成。大枠で言うなら2人の恋愛物語、ラブロマンスではなく、もう少しシニカルな感じ。よくある学園ラブコメではない。「ヤミ帽」とはまた違った仕掛けを考えてる、等々。

TVA「らき☆すた」2007年4月よりチバテレビほかにて放映開始予定。

メインキャラの色見本、柊家の設定画、ラジオ収録インタビューなど。あと、「真・らき☆すた」の予約特典ゲームのタイトルは「らき☆すら」に決定。

TYPE-MOON、2007年「空の境界」映画化を始めとして、他にも大きな動きがあるらしい。

TYPE-MOONがつくる「Fate」は、PS2版でフィナーレ。2007年は完全に小説家・奈須きのこの年になる。ただし、「Fate/Zero」をはじめ、TYPE-MOONスタッフ以外のの誰かが、「Fate」関連の「なにか」を生み出すために動き出している。「ほほう、こうきたか!」と思うような展開が準備中。
それと、劇場版「空の境界」の脚本会議に出席した武内氏曰く『脚本を通して読んだんですが、非常におもしろかったですね。自分自身、初めて空の境界を読んだときに近い印象で脚本を読み通すことができました。読んでいて映像が浮かんでくるような、よい脚本だったと思います』とのこと。
「Fate / stay tune !」アニメイトTVで配信決定!

TVA「大江戸ロケット」今春より放映開始予定。

> 玉屋清吉:沢海陽子
> ソラ:藤村知可
> 銀次郎:山寺宏一
> お伊勢:朴王路美
> 駿平:釘宮理恵
> 赤井西之介:川島得愛
> 天鳳早水リサ
> 天天:てらそままさき
> 鉄十:橋本じゅん
> 新佐:山田きのこ
> 三太:鈴木清信
> 六兵衛:ふくまつ進紗
> 六兵衛の妻:佐藤智恵
> 源蔵:小西克幸
> 源蔵ママ:佐藤ゆうこ
> 鳥居耀蔵若本規夫
> おぬい:真堂圭
> おりく:小笠原亜里沙
> ご隠居:納谷六朗

TVA「BLUE DRAGON」2007年4月よりテレビ東京系にて放映開始予定。

> 原案:坂口博信
> キャラクター原案:鳥山明
> 監督:ユキヒロマツシタ
> シリーズ構成:大和屋暁
> キャラクターデザイン:二宮常雄
> プロットデザイン:大畑晃一・宮脇謙史
> 美術監督:谷村心一
> 色彩設計:いわみみか。
> 撮影監督:松本敦穂
> 編集:松村正宏
> 音響監督:高桑一
> 製作:テレビ東京studioぴえろ
> シュウ:根本圭子
> ジーロ:浪川大輔
> クルック:葉月絵理乃
> マルマロ:雨蘭咲木子
> ゾラ:朴王路美
> ブルードラゴン高塚正也
> ミノタウルス:落合弘治
> サーベルタイガー:堀川仁

劇場限定の文庫、その名も「電撃劇場文庫」発売決定!

電撃文庫ムービーフェスティバル」の上映館のみで限定発売。「灼眼のシャナ」「キノの旅」「いぬかみっ!」3冊セットの超レア限定本。

TVA「バッカーノ!」続報。

電撃hp Vol.46に、アニプレックス・プロデューサー:横山朱子氏のインタビューが掲載。ストーリーと設定は、基本原作に沿って展開。原作のどのエピソードになるかは秘密だが、“不死の酒”と“大陸横断鉄道”は間違いなく出る。ところどころでアニメオリジナル要素を加えていきたいと考えているが、設定の変更はほとんどない。キャラクターデザインも、エナミカツミさんの原案準拠。アニメ版でも、会話を通しての主人公らしき主人公はいない、群像劇。監督、美術監督、アニメーション・プロデューサー、アニプレックス・プロデューサーの4人で、去年末にニューヨークにロケハンに行った、等々。

電撃hp Vol.46より「乃木坂美夏の『アニメ化』への道」がスタート。

乃木坂春香の秘密」アニメ化準備企画?今号よりカラー3ページで連載開始。具体的なことは全く何も決まってない。アニメ化に向けて企画が動き出した?程度。次回以降に注目。

「奏光のストレイン」第12話

エミリィに全否定されて発狂する兄貴。結局、エミリィ星人の苦しみを知り、まだやり直せると言う言葉を受けて、それを人類全員への復讐と解釈して殺戮を始めたのは、兄貴の独りよがりでしかなかったんだな。この時代のエミリィは、もう一人のエミリィに会いたかっただけで、殺すことなんて望んでなかったと。今まで、エミリィは、兄貴が自分のために殺しまくってる事すら知らなかったんだろう。兄貴にバクスターゲートを開いたエミリィも、贖罪を求めたわけではなく、別の道を見つけて欲しかっただけなのかもしれない。危惧していた死亡フラグは、敵のエロ女艦長と名も無きクルー達の犠牲で済んだ。ただ、前回勇みよく出て行ったギャンビー隊の活躍が全く描かれてなかったので、どうなったのか謎だけど。次回、最終回は兄貴とセーラの一騎打ち。亜光速戦闘にまで突入?兄妹2人で未来に飛んで、エピローグで、またバクスターゲートでエミリィの元に帰ってきそう。

「ネギま!?」第19話

スカ&フルカラー&コーラス二番までと言う豪華バージョンのオープニング。そして、本編も、魔法使い+エヴァ組を除く全員のスカ祭りで、「ひまわり幼稚園物語あいこでしょ!」状態に。なぜか、精神年齢も幼児退行してるんだけど、ネギと生徒たちの年齢が逆転したことで、今まで出来なかったノリのギャグが見られて面白かった。特に、ネギに抱いてもらって、何度も自販機の前を行き来させて喜んでる夕映だけでもおなかいっぱい。あと、今回のまき絵のお父さんネタは笑えたよ。エヴァは、スカ化してるわけではないのに、ほぼベッキー化しとる(笑)。エヴァやネカネも、Cパートでスカ化させるサービスぶりも良かった。