MOON PHASE 雑記

ニュースサイトMOON PHASEのブログ

TVA「メイプルストーリー」テレビ東京にて2007年10月7日(日)朝8時30分放送スタート。

テレビ東京携帯サイト「アニメX」の、速報!!10月新番組情報!!より。グレンラガンの後番。あと、実写版ネギま!の正式タイトルは、「魔法先生ネギま!Parallel」だそうだ。

TVA「紅」続報。

> 監督・シリーズ構成:松尾衡
> アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督石井久美
> アニメーション制作:ブレインズ・ベース
> 紅真九郎:沢城みゆき
> 九鳳院紫:悠木碧
> 村上銀子:升望
> 崩月夕乃:新谷良子
> 柔沢紅香:石毛佐和
> 武藤環:真田アサミ
> 闇絵:木村はるか
> 九鳳院蓮丈:黒田祟矢
今日発売の赤マルジャンプ2007SUMMERより。かなり冒険的なキャスティングだなあ。確かに、真九郎はいざという時以外ヘタレではあるけど、別に中性的なイメージでは無かったんだが。あと、紫役の子が今まで子役メインで、今回が声優初挑戦と言うのも不安だ。旧芸名・八武崎碧が改名したらしい。マイメロの夢野琴役ですか。「ローゼンメイデン」「RED GARDEN」コンビのスタッフ陣はわりと良さそう。

『紅』ドラマCD発売決定!
TVアニメ版と同じ声優陣で、オリジナルストーリーのドラマCDが先行リリース。

「School Days」第7話

学祭のテーマが『誠心誠意』と言うのは、皮肉にも程がある(笑)。そのゲームの主人公が本当ダメ人間でさぁ〜とか面白いこと言ってる誠は天才じゃね?それは自分のことだぞ。今回は誠の行動が霞んでしまうほど、他のキャラの言動の酷さが目立つ話だった。誠と言葉が付き合ってることを知っていて、安全牌だと思われた泰介と光まで、刹那の不用意な発言によって、言葉を追い詰める側に回ってしまいそうだし。純粋な意味で言葉の味方は、もう妹の心しか残ってないよね…。原作以上に胃に穴が開きそうな展開だなあ。特に、女バス伝統の休憩所と隠しビデオの設置が出てきたものだから、いつ言葉様のレイプが来るのかと、見ていて冷や冷やものでしたよ。しかし、隠しビデオを出してしまった以上、このまま何も無しでスルーするとは思えないんだけど、ビデオテープに誰が録られて、誰が見るのかが重要になってくるな。次回、マジで『散る言葉』やったら、いくら何でも悲惨すぎ。甘露寺とオタク彼氏とのプレイが見られて制裁が下る展開なら是非やって欲しいくらいだけど。あと、今回のアニメ版の刹那の行動は、原作で唯一の良心とすら言われた刹那と同一人物とは思えないぐらい、嫌なキャラになっていた。世界のことが大好きで世界を応援するのはわかるけど、言葉本人の前で、あそこまで露骨に動くキャラではなかったと思うんだが。まあ、荷物整理された刹那の部屋の描写からして、パリ転校は確実っぽいので、未練を残さないように関係をハッキリさせたくて、焦ってるんだろうけどさ。虚ろな瞳で編み物をほどき続け、誠の住所を調べて押しかけて、誠の部屋から出てくる世界を待ちかまえて平手打ち!少しずつ狂っていく言葉様の精神状態が手に取るようにわかる、緊張感を煽る一連の演出は凄まじかった。言葉がバッグを持って待ち構えていたシーンは、『鮮血の結末』に似た構図だったので、早くも殺傷沙汰に発展してしまうのかとハラハラさせられたよ。ゾンビ役:特別顧問(ごとうじゅんじ)に吹いた。

「魔法少女リリカルなのはStrikerS」第20話

やっと来ました全力全開。作中時間にしておよそ2時間、ここから最終回までひたすらクライマックスと言う、最終決戦の幕開けらしい。前半は、決戦に備えての最終確認と称した設定語り。相変わらず状況に応じて明らかになるわけでもなく、それぞれのキャラが説明口調で丁寧に解説してくれるので、動画付きの設定資料集を眺めてる感覚に近いんですが。アルハザードと言う言葉が出てきたので、司祭をたぶらかした女性の正体は、若かりし頃のプレシアかと思ったんだけど、潜伏していたナンバーズ2番・ドゥーエだったのか。スカリエッティの正体は、開発コード『アンリミテッド・デザイア』と言う管理局最高評議会がアルハザードの技術を使って生み出した存在だったらしい。その最高評議会の脳だけゼーレもどきは、ドゥーエにあっさり殺されてしまったが。散々暗躍しておきながら、肝心なところでは役に立たないまま退場してしまう上層部は無能ばかりだな。タイプゼロのギンガとスバルは成長してるのに、あいつらは、10年以上稼働していても年を取らないのね。リミッターが解除されて、足枷が無くなって気持ちに余裕が出てきたのか、なのはとフェイトが非常時という事を忘れてしまうほどイチャイチャしてた(笑)。さすがのヴィータも呆れ顔だし。『聖王のゆりかご』にはなのは、スカリエッティのアジトにはフェイト、ナンバーズの迎撃には新人達と、戦力分散。隊長達は全員リミッター解除してるし、次元航行部隊の大艦隊はやってくるし、世界の一つや二つ滅ぼしそうな勢いだ。作画も気合い入っていた、と言うか、妙に女性キャラが凛々しかったなあ。

「キスダム -ENGAGE planet-」第20話

キスダムの世界に降臨なされたMr.NTR、七生愁!あんたのその勝ち誇って引きつった表情、最高だぜ(笑)。由乃は、本物のシュウと出会ったら何らかの反応があるのかと思ったのに、普通に変態でも見たように――確かに、上半身裸で変な仮面を付けてるシュウは変態にしか見えないが――怯えて、七生に助けを求めやがった!単なるビッチにしか見えねえ。七生と由乃のベッドシーンにシュウが乱入してきて、半裸の男女3人が対峙してる超修羅場のシーンは、腹抱えて笑った。端から見ると凄い絵面だぞ、あれ。パンチラはダメだけど下着姿はオーケーと言う良くわからないテレ東規制の隙を狙ったかに見える今回のシーンは、テレ東で可能な寝取られシーンの限界に挑戦したようだな。その後の2人の戦いで、七生は由乃がいるにも関わらず大技を繰り出してるし、解毒剤の事とか、由乃を守る事とかどうでも良くなってるだろ(笑)。シュウが守らなければ、由乃も乃亜も死んでたってば!さすが裏返り、クオリティ高すぎ。あの伝説の裏返り・ロキ様すら凌駕する支離滅裂っぷりには感動すら覚える。ヴァルダの怒濤のフラグを、ことごとくへし折っていくシュウは鬼畜すぎ。イエラは、ハーディアンに受けた傷(?)が変な紋様みたいになっていたけど、裏返る前兆?裏返りが人間じゃないことを執拗に強調してたのは、自分自身にも向けたセリフ?あと、瀕死の重傷を負った玲の、お母様発言も気になる。司令を利用してたわけではなく、本当に慕ってたのか?

「桃華月憚」第20話

春彦が桃○郎を斬り殺してしまいました。合掌。つか、あれ本当にザックリ殺っちゃったなら、一生のトラウマものだろ(笑)。サブタイトルが『桃』だったので、もう少しお気楽なエピソードかと思いきや、今の桃香が人間ではなく、石剣を宿した人形であると言うことを自覚させられる話。桃には妖気や邪気を払う力があるから、桃香や胡蝶三姉妹が触るのは難しいらしい。なんで桃花は平気なんだろう?セイは憑依してるだけで体は普通の人間だから?でも、由美子が作り出した物語の中の存在とか言ってた覚えもあるし。結局、胡蝶三姉妹は何がしたかったんだろうな。自分の運命を知らず学生を謳歌してる桃香を自分たちの同類に引き摺り込みたかっただけなのか、それとも、鬼梗の反応からして、別の思惑があったのか。石剣と春彦を狙ってる幼女桃香の真意も良くわからなかったな…。